WEBプロモーション

実際にお店を開業するわけではなく、広いWEBの世界でお店を開業する、運営するのであれば、「たまたま立ち寄ってみた」というお客様など圧倒的にゼロに近いと考えておく必要があります。

多くのサイトに埋もれてしまわないよう、まずはターゲット層に「こんな商品があるんです」「こんなサービスを提供しています」と気付いてもらう必要があるでしょう。

その為に必要なのが、WEBプロモーションです。WEBプロモーションは、簡単に言えば宣伝です。こんなお店があります!こういうサービスを行っている会社があります!と宣伝する事で、お客様に「へー、そんな会社、商品があるんだ」と気付いてもらえるからです。

WEBプロモーションなしに、インターネットの世界であなたの会社や商品が続々と売れるという事はあり得ませんので、この点は抑えておいてくださいね。

さて、WEBプロモーションにも様々な手法があります。WEB広告をフルに活用する事は基本でしょう。またSEO対策を行うだけではなく、より積極的にポータルサイトへ登録を行ったり、メールマガジンを発行したり、相互リンクを行うなどのアクションが必要です。

WEBプロモーションで必要なのは、消費者の行動パターンや心理を分析し、プロモーションに反映させていくことです。特に世代によってこれらパターンも異なりますので、きめ細かな対処が必要となってくるでしょう。

WEBプロモーションを効果的に行い、なるべく多くの目に触れさせる事。これが最も重要だと言われています。

WEBマーケティング検定

WEBマーケティング検定は、WEBマーケティングに関する検定として、一般的にネットマーケティング検定と呼ばれています。

インターネットマーケティングに関する基本的な知識や方法論としての知識を持っている、と認定されるただ一つの検定として、年々受験者も増えているようです。

就職に役立つ資格というよりは、むしろWEBマーケティングに携わる者として、どこまでの知識を確実なものとして有しているかを確認するための検定だと言っても過言ではありません。

ですが今まで知識を整理することなく、漠然と仕事をこなしている状態であれば、一度ネットマーケティングに関して学習する事をおすすめします。実は見落としていた部分などがあるかもしれません。

WEBマーケティング検定は、広く浅く出題されます。時事問題なども出題されますので、その点はおさえておくと良いでしょう。

一般的には簡単だと言われていますが、出題形式は様々で、丸かバツを選べばよいという単純なものではありません。空欄に単語を埋めていくような問題もありますので、大学受験を懐かしく思いだす方もいらっしゃるかもしれませんね。

とはいえ、WEBマーケティング検定は大学受験のように難易度は高くありませんから、
まずは基本的な用語は抑えておく事、基本的な運用法は抑えておく事が大切です。

WEBマーケティング検定をきっかけに、今までは知らなかった用語や意味を知る嬉しさを感じることが出来るでしょう。実際の現場でも幅広く活用できる場面もありますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

WEBコンサルティングの依頼費用

実際にWEBコンサルティングの依頼費用はどれくらいなのかと、相場が気になるところでしょう。WEBコンサルティングをお考えの方は、その内容と一定の料金を抑えた上で、選ぶ基準としてください。

まずすでにホームページを運営しているが、なかなか集客に繋がらない、検索結果の上位にこないという悩みをお持ちでしたら、まずは一キーワードに対し15万円前後が相場だと思っておきましょう。

自社商品やサービスにとってポイントとなるキーワードは、決して一つではないはずです。またその他にも、SEO対策費として月額制を採用している企業が殆どですので、月額費用に関して予算に計上する必要があります。

WEBコンサルティングの依頼費用としては、基本的には月額費用が発生し、それと共にオプションという形で追加していく形が一般的です。

また現状を診断し、課題点を浮き彫りにしたうえで今後の戦略を提案するというプランであれば、その程度にもよりますが5万円から受けることも可能です。

月額制で長期的にコンサルティングをしてもらうのか、一回きりで相談をしたいかによっても、総額費用は異なります。

そもそも、運営しているホームページが脆弱なものであれば、サイトそのものをリニューアルさせる必要が出てくるかもしれません。

WEBコンサルティングの依頼費用が相場より高くても安くても、希望する成果を手に入れられるコストパフォーマンスの高いプランを選択する事が必須ですね。

無料のコンサルティングはこちら⇒WEBコンサルティング

未経験でもできるWEBマーケティング

経験者が優遇されて当たり前、といわれるWEBマーケティングの求人ですが、実は未経験でもできるWEBマーケティングのインターンがある事はご存知でしょうか。

未経験でもできるWEBマーケティングは、勉強しても、結局は実践しないと分からないことだらけだという弱点を補完してくれる嬉しい求人です。

まず抑えておきたいのは、WEBマーケティングにアシスタントや見習いという立ち位置は無いという事です。よく面接などで「見習いからでも良いので~」というPRをする方がいるようですが、これこそ大きな間違い。

WEBマーケティングは、業務を通してWEBマーケティングの経験を積んでいくことが普通なのです。

実際に仕事を体験することでマーケティングを学ぶのですから、見習いも何も、いますぐ業務に当たる事を求められるのです。

学校の先生のように、勉強し、資格を取ればなれるというものではありませんから、まずは経験を通してWEBマーケティング業務を覚えていくほかないでしょう。

といっても、はなから初心者をWEBマーケティングとして採用してくれる企業は無いのではと思われそうですね。いえ、実は未経験でもできるWEBマーケティングの求人が実際に出されています。

短期と長期インターンがありますが、出来れば長期インターンを選ぶ事をおすすめします。実務を3年も続けることで、WEBマーケティングを任せられる人材に成長する事は間違いないでしょう。

未経験の方でも分かりやすく説明されているサイトをご紹介しております。
WEBマーケティング

WEBコンサルティングという意味

WEBコンサルティングという意味を考えると、WEBコンサルティングに必要なものは何かという事が見えてくるのではないでしょうか。

WEBコンサルティングという意味は、WEB、つまりインターネット上で企業が成果を上げるために現状を分析し、問題点をあぶり出し、的確な改善策を提案する事を意味します。

企業のパートナーとして中立の立場に立ち、長期的なアドバイスを行うためには、クライアントの現状を数字から判断するだけでは足りないでしょう。逆に軽い相談だけという依頼では、与えられた数字から状況を瞬時に把握できる能力が必要となります。

また、WEB制作まで携わる事が出来るとより良いでしょう。こうしたら良いのに、というプランを即座に形に表すことが出来れば、よりクライアントの求める成果に近づけるはずです。

またWEBコンサルティングという意味を考えた時、ダメ出しをする場面が多々あるという点も見逃せません。今まで企業が培ってきたものを「これは良くない」「変えた方が良い」と否定する行為から始まりますので、説明能力が無ければならないでしょう。

WEBコンサルティングは、企業のパートナーであり、アドバイザーなのです。豊富な技術やノウハウとともに、プレゼン能力も必要だと言えるのではないでしょうか。

WEBコンサルティングという意味を考えると、現状ではどのようなアドバイザーが最適なのか、見極める必要があるとお分かりになられたと思います。